男性型脱毛症

男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)とは

思春期以降の男性に生ずる脱毛症で遺伝的素因がある場合が多く、
前頭部と頭頂部の頭髪がうぶ毛状になり、
次第に生え際が後退してなくなっていきます。

 

男性型脱毛症の原因

AGAの発症には男性ホルモンが関与しています。
男性ホルモンであるテストステロンは 5α還元酵素により分解され 、
ジヒドロテストステロン(DHT)ができます。
ジヒドロテストステロンが毛包の受容体に結合すると
毛母細胞の増殖を抑制するサイトカインなどが誘導されることにより、
毛が細くミニチュア化すると考えられています。

 

男性型脱毛症の検査

一般に血液所見では異常はありません。
ダーモスコピーで拡大して観察すると 毛の太さ(直径)が不揃いで、
明らかに他の毛髪より細い毛が20%以上あるのが認められます。
毛穴周囲の色素沈着が見られることもあります。

 

男性型脱毛症の治療

フィナステリド

5α還元酵素が毛包に作用するのを邪魔するように働く薬剤です。
1mg錠を1日1回内服します。
すぐに効果が現れるものではありませんが、内服していくと 抜け毛の減少、
毛の腰がでてくるなどを自覚され継続して内服することで症状の進行を抑えます。

 

デュタステリド

デュタステリドは
男性ホルモンの代謝酵素(5α還元酵素)を阻害することにより、
男性ホルモンから毛の成長期を短くして軟毛化させる
DHT(ジヒドロテストステロン)が
作られるのを抑制してAGAに効果を発揮します。

この酵素をフィナステリドは2型のみを阻害するのに対し
デュタステリドは1型と2型を共に阻害する薬剤のため、
発毛効果がより高くなっています。

 

ミノキシジル外用剤

元来降圧剤として用いられていましたが、
治療中の患者さんに多毛が生じたことより、育毛剤として 用いられるようになった薬剤です。

 

※上記治療薬は保険適応外となります。

フィナステリド錠 1mg 28錠 6600円

デュタステリドカプセル 0.5mg  30カプセル 8800円

ミノキシジル配合外用液5%  60ml  5500円

AGAのご相談は

まずは診察予約をお願いします。

診察の予約はこちら