虫さされ部分のかゆみが続いているとき

投稿日:2012年6月22日|カテゴリ:コラム

虫さされや湿疹などの部分をずっと掻いていると
ひふがこげ茶色のしみのような色になり、
硬くいぼのように盛り上がって痒みが続く場合があります。
このような状態を結節性痒疹(けっせつせいようしん)といいます。

前シーズンの虫さされ部分がずっと治らないということで
受診される方もよくいらっしゃいます。

治療はステロイド外用剤やシール剤を使用しますが、
皮膚の盛り上がりがとれるまで継続しておこなう必要があります。
触ってみてゴツゴツという感じがとれるまでしっかり続けてみましょう。

また、掻くことにより、慢性的に皮膚を刺激することが
治りにくくなる原因になりますのでボリボリと掻かないようにします。
痒みどめの飲み薬を服用するなどして掻くことを予防するのもよいと思います。

治りにくい場合は液体窒素をあてたり、
ナローバンドUVBやエキシマライト等の紫外線療法が有効な場合があります。