うおのめ、たこ

投稿日:2012年12月16日|カテゴリ:コラム

うおのめ (鶏眼 けいがん)は圧迫や摩擦などの機械的な刺激が繰り返して
かかることにより皮膚の角質が硬くなったものです。足の2番目の指の根元の
下の方や足の小指の横によく見られます。硬い角質がくさび型になっている芯が
あり、歩行時に圧迫されると痛みを伴います。

たこ(胼胝 べんち)も同様に圧迫や摩擦などの機械的刺激がくりかえされるとできます。
はっきりとした芯はなく皮膚の一部が硬く盛り上がっています。骨がすぐ下にある

部分が圧迫されるとなりやすく、中指のペンだこ、正座のため足首付近にできる

座りだこなどがよく知られています。

治療はスピール膏を使用して患部を柔らかくして芯や硬い角質を削ります。
日常生活では圧迫などの刺激をさけるようにします。

パッドや中敷きなどで圧力を分散させるのも有効です。