紫外線ケアについて

投稿日:2014年8月10日|カテゴリ:コラム

紫外線について

紫外線は太陽から降り注ぐ光で波長により紫外線A波(UVA→UVA1、UVA2に分けられます)、
紫外線B波(UVB)と紫外線C波(UVC)に分けられています。
UVCはオゾン層で吸収され地表にはほとんど届かず、UVAとUVBがとどいています。

紫外線の皮膚への作用

UVAは雲やガラスも通過する紫外線でしみの原因となる他、皮膚の深い部分まで到達して
真皮のコラーゲン線維や弾性線維にダメージを与えしわやたるみの原因になります。

UVBは皮膚が短時間で赤くなったり、やけどするような日焼けや徐々に黒くなる原因になります。

紫外線の防御

しみ、しわ、たるみなどの光老化を防ぐにはUVA、UVB共に防御することが必要です。
外出する時は長袖の襟付きのシャツを着るなど肌の露出を減らすとともに、
生活シーンに応じた強さの日焼け止めを使うことが大切です。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときは
UVB防御の目安となるSPF値とUVA防御の目安となるPA値の表示を確認しましょう。

日常生活ではSPF20~30  PA++~+++位でOK
海や山などでレジャーをするときはSPF30以上、
PAは++~+++以上を目安にしてください。

敏感肌の方は紫外線吸収剤を含まないもの→「ノンケミカル」「吸収剤フリー」等の表示が
あるもの
にきびのかたはノンコメドジェニックの表示があるもの
お子さんは石けんで洗い流せる日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めを使うときのポイント

日焼け止めを使うときのポイントは
・十分な量を塗ること  
日焼け止めは使用量が少ないとSPFやPAで表示されている遮光効果を
発揮できない可能性があります。
全顔の推奨使用量は0.8gとされていますが、多くの方はこの半分程度の使用量だそうです。
リキッドタイプで500円玉大、クリームでパール粒大2個分位が目安です。
パッケージや説明書に記載してある使用量を守って使いましょう。

・塗り直しをすること
汗などで日焼け止めがとれたり、時間が経つと日焼け止めの効果が弱くなっていきます。
2~3時間おきに塗り直しすると効果が保たれます。

・塗り忘れに注意
顔はしっかり日焼け止めを塗るけどその他の部分は意外にほったらかしという方も
多いのではないでしょうか。
顔だけでなく、耳や首すじ、腕など露出する部分は忘れずに日焼け止めを塗るように
してください。