爪水虫の新しい治療薬

投稿日:2014年9月7日|カテゴリ:コラム

爪白癬(爪水虫)の新しい外用治療剤
エフィコナゾール(クレナフィン爪外用液)が
処方できるようになりました。

ぬり薬でも爪への浸透がよく、水虫菌を殺菌するように働きます。

1日1回罹患爪と皮膚との境目に行き渡るように塗ります。
(周囲皮膚にはみ出た分は拭き取ります)

ボトルにはハケがついていて塗りやすくなっています。

肝機能が悪いなどの理由で
飲み薬での爪水虫治療ができない方でも使用可能です。

詳しくは診察時にお尋ねください。

クレナフィン爪外用液