とびひやみずいぼとプール

投稿日:2015年6月27日|カテゴリ:コラム

とびひやみずいぼなどになった際、プールにはいってもいいかどうかは
日常よく質問される事なのですが、
これについては日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会の2学会の
統一見解が出されています。

以下に統一見解を記載いたします。

○学校感染症 第三種 その他の感染症:皮膚の学校感染症とプールに関する
日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会の統一見解より

1.伝染性膿痂疹(とびひ)
かきむしったところの滲出液、水疱内容などで次々にうつります。
プールの水ではうつりませんが、触れることで症状を悪化させたり、
ほかの人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は治るまで禁止してください。

2.伝染性軟属腫(みずいぼ)
プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。
ただし、タオル、浮き輪、ビート板などを介してうつることがありますから
これらを共用することはできるだけ避けてください。
プールの後はシャワーで肌をキレイに洗いましょう。

3.頭虱(あたまじらみ)
アタマジラミが感染しても、治療を始めればプールに入って構いません。
ただし、タオル、ヘアブラシ、水泳帽などの貸し借りはやめましょう。

4.疥癬(かいせん)
肌と肌の接触でうつります。ごくまれに衣類、寝床、タオルなどを
介してうつることがありますが、プールの水ではうつることはありませんので、
治療を始めればプールに入っても構いません。
ただし、角化型疥癬の場合は、通常の疥癬と比べ非常に感染力が強いので、
外出自体を控える必要があります。

みずいぼが少しでもあったらプールがダメといわれるなどということを
患者さんの親御さんからよくお聞きしますが
上記を参考にしていただければと思います。