デュアック配合ゲルの処方ができるようになりました

投稿日:2015年7月16日|カテゴリ:コラム

デュアック配合ゲルの処方が可能になりました。

デュアック配合ゲルは
過酸化ベンゾイル(BPO)とクリンダマイシンの合剤です。

デュアック配合ゲル

現在BPO製剤はベピオゲル
クリンダマイシン製剤はダラシンTゲルがありますが
デュアック配合ゲルは1本で
上記両方の成分をもつ薬ということになります。

BPOの角質剥離作用、アクネ菌の殺菌作用、抗炎症作用と
抗生物質クリンダマイシンの抗菌作用と抗炎症作用を併せ持ち
炎症性ニキビを改善しニキビの悪化を防ぐ外用剤です。

臨床試験では1日1回の外用でニキビの炎症性皮疹の数が
2週間後に62.5%、12週間で88.6%減少しています。

デュアック配合ゲルの使い方

①洗顔料で洗顔後、柔らかいタオルで水分を拭きます。

②1日1回ニキビとニキビがいつもでやすい部分に広げるように塗ります。
デュアック配合ゲルのチューブでは人差し指の第一関節の長さ分(1FTU)だすと
0.3g程になるので顔の全体に塗る場合はこの倍ほどの量を使用します。

詳しい使用方法は診察時に説明します。

デュアック配合ゲル 使用時の注意点

髪の毛や布製品を退色させる可能性がありますのでつかないように注意してください。

塗り終わったら手を洗ってください。

冷蔵庫(2~8℃)に保管してください。

強い日焼けや長時間紫外線に当たらないようにしてください。

デュアック配合ゲルの副作用

塗り始めにあらわれることが多いです。

皮膚の乾燥やカサカサ皮膚がめくれたり、赤くなる、かぶれや痒みがおこるなどがあります。
このような症状があらわれた場合はすぐにご相談ください。