爪甲色素線条

投稿日:2015年7月25日|カテゴリ:コラム

爪に縦に黒い線ができたというご相談をうけることがあります。

これは爪甲色素線条といい、
原因としてほくろやメラノーマ等の腫瘍、内分泌疾患や代謝異常に伴うものと
靴や楽器を弾くことによる刺激や抗がん剤などの薬剤によるものがあります。

赤ちゃんや幼児に発症した色素線条は思春期頃までに薄くなったり、消えるものがあります。

成人以降に発症した色素線条はメラノーマに注意する必要があります。

爪下メラノーマの初発症状の特徴として
・横幅が6mm以上で濃淡差があったり、爪全体に拡がっている
・爪の根元や指先の皮膚に黒い斑点がみられる
などがいわれています。

気になる爪の変化があればご相談ください。