花火でのやけどに注意

投稿日:2019年7月17日 | カテゴリ:コラム | タグ:

夏になると線香花火などの花火を楽しまれる方も多いと思いますが、
花火でのやけどには注意が必要です。

花火のやけどは熱源の温度が高いため深いやけどになりやすいです。

やけどしてすぐは深さがはっきりわからないことも多いのですが
後になって皮膚が黒くなったり黄色く変色するなど、
深いやけどの特徴が出てくることがあります。
皮膚が白く見えるのも深いやけどになります。

範囲が狭いからたいしたことがないと思っても、
自己判断しないで
早めに受診するようにしてくださいね

☆やけどについて詳しくはこちら

クリニックのLINEで上記の様な記事を配信しています。トークから予約もできます。

→お友達登録はこちら