スギ花粉皮膚炎

投稿日:2012年3月26日|カテゴリ:コラム

スギ花粉症では目のかゆみや充血やくしゃみ、

鼻水、はなづまりなどの症状がおこりますが、

スギ花粉症の方のひふに花粉がつくことにより、

痒みや赤みを伴うしっしんのようなひふ症状がおこることがあります。

まぶたが赤くかさかさしたり、ほほやくびなども赤くかゆくなるなど、

顔、目のまわりや首などの露出部にみられることが多く

スギ花粉皮膚炎とよばれています。

洗顔や化粧時のこすりすぎによるひふバリア機能の障害があると

スギ花粉抗原がひふの角層を通過しやすくなり、

皮膚炎がおこりやすくなるといわれています。

・洗顔化粧時に過度にこすったりしないようにする。

・外出時は帽子やめがね、マスク、スカーフなどで防御し

  花粉がひふにつきにくいようにする。

・外出後は顔、首を水でそっと洗い流しておく。

・保湿をこころがける。

などが発症の予防につながります。

治療は抗ヒスタミン剤やアレルギー剤の内服、ステロイド外用剤等で行います。

スギ花粉による皮膚炎は目や鼻の症状がなくても起こることがあります。