顔や首のイボ

アクロコルドン 首やわきなどにできるちいさいできもの

アクロコルドン
スキンタッグ、軟性線維腫ともよばれています。
中年以降の女性に多く、首やわき、上胸部などにできやすい良性の小腫瘍です。
茎部をもつ(根元が細くなり飛び出ている)ないしは
半球状の皮膚色~褐色をした小さなぶつぶつが多数みられます。
加齢に伴う変化の1種と考えられています。感染性はありません。

アクロコルドンの治療

切除
小さいアクロコルドンで茎部があり、根元が細くなっているものに適しています。
手術用の小さなはさみでいぼの根元をさっと切ります。通常無麻酔でおこなえます。
ちょっとチカッとしますが一瞬ですみます。
処置後は化膿止めを塗った絆創膏をはっておきます。
しばらくして出血がなかったらはずしていただいてもOKです。
根もとが平たくなっているものや大きなものは、
麻酔なしでさっと切るとやはり痛いので、
液体窒素か炭酸ガスレーザーでの治療をしています。


液体窒素による冷凍凝固法
液体窒素をあてるとかさぶた状に黒くなり取れていきます。
1回で取れる場合もありますが、大きいものですと回数がかかります。
1週間ぐらいの間隔をあけて数回あてます。
特に日常生活の制限はありませんが、治療期間中黒く細かいかさぶたができるので、
冬場など襟のある服を着る時期に治療するといいかと思います。
治療後に炎症後色素沈着ができることもありますがこれは時間とともに取れていきます。


炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは水分の多い組織と反応して、組織の蒸散や切開、
止血などを行うことができる装置です。
冷凍凝固法や電気凝固などの治療法と比べて周囲組織への熱による損傷が
比較的少なくなっています。メスを使用する治療と比べ出血することは少なく、
処置後に縫合しないので抜糸の必要がありません。

首のいぼの炭酸ガスレーザー治療では麻酔テープかクリームを使用します。
麻酔が効いてからレーザーで蒸散してとります。
治療部分にはかさぶたがつきます。4~5日から1週間ほどでかさぶたがとれ治ります。
治療回数は1回ですみます。治療部分に赤みが出たり炎症後色素沈着ができることがありますが
いずれも時間とともに薄くなっていきます

脂漏性角化症 顔やからだなどによくみられるできもの

脂漏性角化症

脂漏性角化症は老人性いぼともよばれている
茶色から黒っぽいできもので顔や体によくみられます。
シミが少しもりあがったようにみえ、
黒みが強い場合はホクロとよく間違えて受診される方も多いです。
悪性ではありませんが年余をかけて徐々に大きくなることがあります。

ひとつだけのこともあれば複数できることもあり、
顔の中心部よりは横側に大小様々な物が
パラパラとできることがあります。

脂漏性角化症の治療

液体窒素を用いた冷凍凝固法と炭酸ガスレーザーや
ルビーレーザーによる方法があります。

液体窒素による冷凍凝固法

ウイルス性いぼの治療と同様に超低温の液体窒素を患部にあてます。
液体窒素での治療は麻酔を使わなくてもすむのが利点です。
細かい物がたくさんできている場合は痛みや
治療後のカサブタの問題で少し大変なことがあります。

炭酸ガスレーザーによる治療

局所麻酔をして炭酸ガスレーザーで脂漏性角化症を蒸散していきます。
(隆起が強くない場合はクリームやテープの麻酔を使います)

治療後は1週間程度創傷被覆剤で治療部分をカバーします。
治療部分がじくじくしなくなり乾いてきたら貼らなくてもOKです。

黒みが強く小さいものは
しみを治療するルビーレーザーでもとることができます。
厚みが少ない物が沢山でている時などに有用です。

他の腫瘍と鑑別が必要な場合は切除することもあります。