午前
午後
午前9:00〜12:00 / 午後2:00〜6:00
土曜午後の診療は5時迄となっております。
休診日:水曜、日曜、祝日
皮膚科ちえこクリニック診療予約
富山 高岡 皮膚科 美容皮膚科
line@皮膚科ちえこクリニック公式サイト 友だち追加数

皮膚科ちえこクリニック公式Youtubeぺージ

美容皮膚科予約はこちら

しみ治療

しみの治療について

しみにお悩みの方は多く、市販の美白化粧品や飲み薬を
つかってみたけど変わらないというお話をよく聞きます。
しみといってもいくつかの種類が有ります。
また患者さんがしみといわれるものが実際診察してみると
ほくろや癜風などしみではなく他の皮膚疾患である場合もよく経験します。
またしみの中でも似ているけど、まったく治療法が異なるしみがありますので
まずは状態を診て、診断をつけてから治療を開始する必要があります。

院長からひとこと

当院では治療前に肌解析機VISIAを用いて正確なしみの診断に努めています。
またレーザー、光治療、トレチノイン・ハイドロキノン外用剤、
トラネキサム酸、ゼオ スキンヘルス等の治療で様々なしみに対応しています。
多くの治療手段をそろえております中から
しみのタイプ、患者さんの肌タイプやライフスタイルに応じた
最適な治療を提案するように心がけています。

しみにお悩みの方はお気軽にご相談ください

 

  • しみのレーザー治療
  • ぬり薬によるしみ治療
  • 光治療

しみの種類

老人性色素斑

simi

老人性色素斑は顔や腕、すねなどに見られる茶色く丸いしみです。
長年紫外線をあびることが主な原因となります。
中年以後によくみられますが、20代でもできることがあります。
境界線がはっきりしたしみです。

そばかす

sobak

そばかすは子供の頃よりある細かい茶色のしみです。
鼻根部を中心に両頬に左右対称性に拡がります。
まれに首、前腕、手背など顔以外にもみられることがあります。
多くは優性遺伝です。紫外線によって色調が濃くなります。

肝斑

chr21

肝斑はぼんやりとした淡い褐色をしたしみが両頬に左右対称性にみられます。
ひたいや口周りにしみがでることもあります。
成人の女性に多くみられるしみで紫外線によって悪くなるほか、
ピル、抗てんかん薬の内服や妊娠、卵巣機能異常が原因になる場合があり、
女性ホルモンの関与が考えられています。
慢性経過をとりますが、高齢になると薄くなったり消えていきます。

→コラム 肝斑の治療について

光線性花弁状色素斑

ppa11

光線性花弁状色素斑は両肩から背中の上部に茶色から黒褐色の金平糖状あるいは花弁状の
小さなしみが多発しているのがみられるもので、海水浴などの
強い日焼けが原因となるしみです。Qスイッチレーザーで治療します。

後天性真皮メラノサイトーシス

別名を遅発性太田母斑様色素斑ともいいます。
20歳以上になってから発症することが多いしみで
皮膚の真皮層にメラニン顆粒をもつメラノサイトがあります。
頬骨やこめかみ、鼻、まぶたや額などの両側に
灰褐色~褐色調のしみやそばかすのような斑点のしみを生じます。

炎症後色素沈着

ensyou

しっしん、虫さされ、にきび、やけど、けがなどの後にできるしみです。
しみの原因となった事柄の種類や体のどこに起こったかにもよりますが、
一般に炎症の程度が強かったり、治るまでの時間が長引くとできやすくなり、
ひどくなる傾向にあります。
皮膚の新陳代謝で自然に改善していきますが、残ってしまった場合は
飲み薬や塗り薬、イオン導入などで治癒を促進します。

皮膚科ちえこクリニックのしみ治療

Qスイッチルビーレーザー

ルビーレーザー

適応となるしみ  老人性色素斑、そばかす、後天性真皮メラノサイトーシス、
光線性花弁状色素斑
境界線のはっきりしたしみ、そばかすをすっきりと早く取りたい方や
かさぶたがはっても大丈夫な方。

治療の特徴

境界線のはっきりしたしみ、そばかすに対する治療の切れ味は一番です。

通常しみの形通りにかさぶたがはります、かさぶたを無理に取らないようにするのがきれいに治すコツです。炎症後しみが出た場合は治療期間が長くかかりますがしだいに消退します。

 

アイコン(ICON)光治療

アイコン

適応となるしみ 顔全体のくすみ・広範囲のしみ・そばかす
治療後にかさぶたを保護するテープをはらない方法を希望される方。

治療の特徴

アイコン(ICON)はしみや血管病変に効果のある広い波長を出せる機械です。
スポットであてていくレーザーよりソフトな治療をすることができます。

ハンドピースに備えられた冷却システムにより高出力でも安全に治療することが出来ます。

治療後はすぐにメイクすることができます。症状にもよりますが、3~4週に1回で3~6回ほど繰り返して治療をします。

 

レーザーフェイシャル

ジェントルレーズプロ

適応となるしみ 顔全体のくすみ・広範囲のしみ・そばかす
治療後にかさぶたを保護するテープをはらない方法を希望される方。

治療の特徴

ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ・プロ)を弱めの設定で顔全体にあてていきます。痛みはほとんど感じません。しみが濃い部分にこまかいかさぶたがつくことがありますが通常通りのメイクをされても大丈夫です。 かさぶたを無理にこすらないように気をつけ日焼け止めを使用します。月1回で3~6回ほど繰り返してあてます。

 

トレチノイン・ハイドロキノン外用

トレチノイン・ハイドロキノン

 適応となるしみ 老人性色素斑、そばかす、炎症後色素沈着、肝斑などしみ全般の治療あるいは補助治療として使用できます。しみをゆっくりとマイルドに治療したい方、光過敏などでレーザー治療ができない方。かさぶたがはる治療を避けたい方

治療の特徴

トレチノインでしみの色素を皮膚の外に出し、ハイドロキノンでしみの色素を作らせないようにします。トレチノインの作用で皮膚が赤くなったり、かさかさと皮膚が取れる場合がありますがメイクは普通にできます。

ルミキシル

ルミキシル

適応となるしみ しみ全般、特に広範囲のくすみや肝斑

治療の特徴

ルミキシルはスタンフォード大学で開発された美白剤でハイドロキノンの
17倍の美白効果があります。刺激性が低く、ハイドロキノンで
かぶれる方でも使用することができます。

トラネキサム酸・ビタミンC内服

トラネキサム酸・シナール

 適応となるしみ 肝斑

治療の特徴

トラネキサム酸とビタミンCがしみの原因となるメラニン色素がメラノサイトで作られるのを抑えることによりしみをゆっくりと薄くしていきます。肝斑では6ヶ月ほど内服を継続していくうちに少しずつしみが薄くなっていきます。

ゼオ スキンヘルス

zo1

適応となるしみ 老人性色素斑、そばかす、肝斑、炎症後色素沈着

治療の特徴

ゼオ スキンヘルスはトレチノインとハイドロキノンを主軸にした
肌再生のためのスキンケアシステムです。皮膚の細胞の再生を促し、
皮膚サイクルを正常化させ若く健康な肌を保ちます。
専門的な知識を持つ医師の管理の下に個人個人の皮膚状態にあわせて
治療プログラムが組み立てられます。しみ・くすみ・しわ・たるみ等の
光老化によるトラブルの他、にきびや毛穴の目立つ方にも適応があります。

 

診療予約
高岡・富山の皮膚に関するお悩みは 「皮膚科ちえこクリニック」 へお気軽にご相談ください。