しみ治療

しみにお悩みの方は多く、市販の美白化粧品や飲み薬を
つかってみたけど変わらないというお話をよく聞きます。
しみといってもいくつかの種類が有ります。
また患者さんがしみといわれるものが実際診察してみると
ほくろや癜風などしみではなく他の皮膚疾患である場合もよく経験します。
またしみの中でも似ているけど、まったく治療法が異なるしみがありますので
まずは状態を診て、診断をつけてから治療を開始する必要があります。

院長からひとこと

しみの種類

老人性色素斑

simi

老人性色素斑は顔や腕、すねなどに見られる茶色く丸いしみです。
長年紫外線をあびることが主な原因となります。
中年以後によくみられますが、20代でもできることがあります。
境界線がはっきりしたしみです。

そばかす

sobak

そばかすは子供の頃よりある細かい茶色のしみです。
鼻根部を中心に両頬に左右対称性に拡がります。
まれに首、前腕、手背など顔以外にもみられることがあります。
多くは優性遺伝です。紫外線によって色調が濃くなります。

肝斑

chr21

肝斑はぼんやりとした淡い褐色をしたしみが両頬に左右対称性にみられます。
ひたいや口周りにしみがでることもあります。
成人の女性に多くみられるしみで紫外線によって悪くなるほか、
ピル、抗てんかん薬の内服や妊娠、卵巣機能異常が原因になる場合があり、
女性ホルモンの関与が考えられています。
慢性経過をとりますが、高齢になると薄くなったり消えていきます。

→コラム 肝斑の治療について

光線性花弁状色素斑

ppa11

光線性花弁状色素斑は両肩から背中の上部に茶色から黒褐色の金平糖状あるいは花弁状の
小さなしみが多発しているのがみられるもので、海水浴などの
強い日焼けが原因となるしみです。Qスイッチレーザーで治療します。

後天性真皮メラノサイトーシス

別名を遅発性太田母斑様色素斑ともいいます。
20歳以上になってから発症することが多いしみで
皮膚の真皮層にメラニン顆粒をもつメラノサイトがあります。
頬骨やこめかみ、鼻、まぶたや額などの両側に
灰褐色~褐色調のしみやそばかすのような斑点のしみを生じます。

炎症後色素沈着

ensyou

しっしん、虫さされ、にきび、やけど、けがなどの後にできるしみです。
しみの原因となった事柄の種類や体のどこに起こったかにもよりますが、
一般に炎症の程度が強かったり、治るまでの時間が長引くとできやすくなり、
ひどくなる傾向にあります。
皮膚の新陳代謝で自然に改善していきますが、残ってしまった場合は
治癒を促進する治療をします。

 

しみのレーザー治療について詳しくはこちら

診療予約
高岡・富山の皮膚に関するお悩みは 「皮膚科ちえこクリニック」 へお気軽にご相談ください。