塗り薬による治療

トレチノイン(レチノイン酸)とハイドロキノンなどのぬり薬をしみ治療に処方しています。

しみのぬり薬

 

トレチノイン(レチノイン酸)

トレチノインはビタミンAの誘導体で、米国ではしわやにきびの治療薬として
使用されています。皮膚の角質をはがし、表皮の細胞を分裂させたり、皮脂の分泌抑制や、
真皮のコラーゲンの分泌を高めるなどの作用があります

ハイドロキノン

しみの原因であるメラニン色素をつくらせなくする作用があります。

適応となるしみ

老人性のしみ、そばかす、肝斑、炎症後色素沈着(きずあと、虫さされ、
しっしんなどのあとのしみ)等の他、小じわ、
にきび、にきび痕の赤み、しみ

治療方法

トレチノインで表皮の細胞を活発に増殖させ、
表皮の底に沈んでいる、しみの色素を外に出し、
ハイドロキノンで、しみの色素をつくる細胞に
新しいしみの色素を作らせなくすることによってしみを薄くしていきます。

まずは夜1回の外用からはじめていきます。
外用後3日ほどすると塗った部分に赤みがでたり
かさかさになってきます。
しばらくすると慣れていきますが、この反応には個人差があります。

朝は普通にメイクできます。紫外線ケアを十分してください。

2~4ヶ月の治療で効果が出る方が多いですので
それまで外用は継続しておこなっていきます。

 

診療予約
高岡・富山の皮膚に関するお悩みは 「皮膚科ちえこクリニック」 へお気軽にご相談ください。