老人性色素斑

老人性色素斑

老人性色素斑はごくありふれたしみで、ご相談をうけることが最も多いしみです。
レーザー治療やぬり薬などで治療しています。

老人性色素斑とは

老人性色素斑は顔や手の甲、腕など日光にあたる部分によくみられる
境界線がはっきりした茶色い丸いしみです。紫外線の関与が考えられており、
中高年者に多くみられます。
老人性色素斑という名前がついていますが20代から発症することもあります。
数mm大から数cmまでのものが多く、そばかす様に小さなしみが多数できる場合もあります。

 

老人性色素斑のレーザー治療

ルビーレーザーで治療しています。

 レーザー治療について詳しくはこちら

 

老人性色素斑のぬり薬による治療

カサブタがはらない治療を希望される方は塗り薬による治療をおこなっています。