午前
午後
午前9:00〜12:00 / 午後2:00〜6:00
土曜午後の診療は5時迄となっております。
休診日:水曜、日曜、祝日
皮膚科ちえこクリニック診療予約
富山 高岡 皮膚科 美容皮膚科
line@皮膚科ちえこクリニック公式サイト 友だち追加数

皮膚科ちえこクリニック公式Youtubeぺージ

美容皮膚科予約はこちら

巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪は爪の変形としてよく見られるものですが、痛みを伴うことが多くお悩みの方が多い疾患です。
手指の爪にもおこりますが、足の親指に最も多くみられ痛みを伴ったり感染を起こす原因になることがあります。ワイヤー矯正を主とした痛くない巻き爪・陥入爪治療をおこなっています。

巻き爪・陥入爪とは

まき爪

巻き爪

爪が横方向へ曲がるか巻き込んでいる状態のことを言います。

窮屈な靴をはくことによる圧迫、深爪、指の外傷が原因となり おこります。

爪水虫による爪の変形がある場合も起こりやすくなります。

陥入爪(かんにゅうつめ)

爪の先が側爪郭(爪の周りの皮膚の部分)に食い込んだり、刺さることで指に痛みが出てきます。

食い込んだ部分の傷から細菌が入って2次感染を起こすこともあります。

爪の切りすぎ(深爪)によって起こっている場合が多いようです

巻き爪・陥入爪に伴うひふトラブルの治療

まき爪・陥入爪に伴うひふトラブルには次のようなものがあります。

化膿性爪周囲炎

ひふの傷から細菌が入って2次感染を起こし 爪の周りのひふが赤くなる、

膿がたまって黄色く見える、

指が腫れて痛む等の症状が現れます。

爪が皮膚にあたったり、刺さらないように処置して 抗生物質の飲み薬やぬり薬で治療します。

毛細血管拡張性肉芽腫(もうさいけっかんかくちょうせいにくげしゅ)

爪がひふにあたったり、刺さってひふを刺激することにより きずが治る過程で

過剰に肉芽ができたものです。

過剰な肉芽は硝酸銀やフェノールで焼灼、液体窒素で冷凍凝固や炭酸ガスレーザーによる焼灼等の

処置で除去するようにします。 サイズが極小さい場合は原因となっている爪を処置して

肉芽内の血管を収縮させ阻血にする治療をするだけでも消失する場合があります。

巻き爪・陥入爪の治療

テープ法

テープをかけ、食い込んだ爪と爪に当たっている皮膚の間に隙間を作る方法です。

爪の食い込みを抑えるので痛みが軽減されます、軽度の肉芽であれば縮小していきます。

テープ法

写真のように切れ込みを入れたテープをかける方法と螺旋状にテープをかける方法があります。

毎日テープを張り替える簡便な方法です。

コットンパッキング

脱脂綿を入れ、爪が食い込んでいる部分と皮膚の間に隙間を作る方法です。

入れる位置が適切でなかったり、脱脂綿を詰めすぎても痛くなる場合がありますので

まずはご相談ください。

人工爪作成

爪が欠けたり、極端に短くなっている場合にガラスフィラーを用いて

人工的に理想の形の爪を形成します。

ガター法

柔らかい医療用チューブを切ったものを食い込んでいる爪の下に入れて、

爪が皮膚に刺さるのを防ぐ方法です。

巻き爪・陥入爪の矯正治療(ワイヤを用いた矯正治療法)

ワイヤーで巻き爪を矯正する治療法には、爪の中央部分にワイヤーをかけるVHO式爪矯正法、先端部分にかけるマチワイヤ法をおこなっています。

VHO式爪矯正法

  • 爪を深く切り込んでいても治療できます。
  • 装着時の痛みはほとんどありません。
  • 治療当日から入浴、運動も可能です。
  • 爪は自然な形で仕上がり、小さくなることはありません。

治療方法

1. 爪状態の診察

2. VHO式爪矯正法専用ワイヤーを患趾の爪の大きさにあわせて切り、湾曲にあわせて整えます。

3. 爪の左右の端に整えた1対のワイヤーをかけ、さらにそれを固定用のワイヤーで中央へ向かって引き上げるような力をかけて固定します。

4. 余分なワイヤーを切り樹脂でワイヤーの切り口をカバーします。

固定したワイヤーは爪ののびとともに前方に移動します。

約3ヶ月後に付け替えを行います。
半年から1年ぐらいかけて矯正していきます。
詳細についてはVHO式爪矯正法のホームページもご覧ください。>> VHO式爪矯正法HPへ

マチワイヤ法

爪の先に2カ所穴を開け超弾性ワイヤーを通し、ワイヤーがまっすぐになろうとする力でまき込んでいる部分をひろげるように矯正します。

  • 装着時に痛みはありません。
  • 日常生活の制限は特にありません。

治療方法

1. 爪の先端部付近に2カ所針で穴を開けます。

2. ワイヤを通します。

3. ワイヤの両端の余分な部分を切ります。

4. 穴部分に医療用接着剤を入れ固定します。

1~2か月ごとにワイヤーを入れ替えます。

巻き爪・陥入爪の矯正治療(その他の矯正治療法)

炭酸ガスレーザー法

巻き爪の湾曲部分に鉗子をかけ、外側に開いた状態にしておき、炭酸ガスレーザーで

その部分の爪表面を浅く焼灼します。10秒ほど開いたままの状態にしておくと

湾曲部分が開いて真っ直ぐになるという方法です。

超弾性クリップによる爪矯正

超弾性金属で作られた巻き爪用クリップを爪の先端にかけます。
クリップがまっすぐになろうとする力が働くので爪のまきこみが矯正されていきます。
クリップの装着は簡単にでき、何回でも使えます。

超弾性金属爪矯正具による爪矯正

爪幅に応じた大きさの超弾性金属でできた特殊な形状の爪矯正用器具を装着し、

超弾性金属がまっすぐになろうとする性質を利用して爪を矯正していきます。

爪先にかけるタイプ、中央部分に欠けるタイプ、割れ爪があっても使えるタイプが あります。

何種類か併用して治療する場合もあります。ワイヤーは取り外しが

きくようになっています。※爪幅を測定してから使用する爪矯正具を取り寄せますので、

予約で処置をしています。

巻き爪・陥入爪の予防

深爪はせず、爪の角を切り落とさず、四角い形に切りましょう

深爪をすると巻き爪や陥入爪を生じる原因となり、

爪の先が周りの皮膚に食い込んだり刺さるようになり、
痛みを伴うようになってしまいます。
痛くなるため短く切ったり、爪の角を落としてしまうと
またその部分が皮膚に食い込んでしまう→さらに短く切るという悪循環に陥ります。
爪の角は四角く切り、白い部分を1mm位残しておくようにしましょう。

適度に歩くようにしましょう

歩くことにより足指が接地した部分に下から上へと力が加わることで
爪が内側へ曲がろうとするのを抑える作用をします。
運動不足などであまり歩かないと、この爪の曲がりを抑える力が
かからないことになり巻き爪になりやすくなる可能性があります。
適度な歩行をするように心がけましょう。

足に合った靴をはくようにしましょう

先が細くなっている革靴やハイヒールなどのつま先が窮屈な靴はさけます。
足の横幅をしめつけず指先が自由に動かせるものを選びましょう。

先の狭い靴で指先を圧迫するのもいけませんが、ぶかぶかでかかとがぬけるような

靴も歩くときに親指に適切な力がかからないので避けるようにしましょう。

爪水虫や爪カンジダ症は治しておきましょう

爪水虫や爪カンジダ症などの真菌感染症にかかった爪は、厚くもろくなり変形を

おこしやすくなってしまいます。爪が黄白色~白く濁り厚くなるなどの症状が

ある場合は真菌検査を受け、菌の有無を確認してから治療をしておくように

しましょう。

よくある質問

Q まき爪の治療は保険診療ですか?
A まき爪や陥入爪により指に細菌が入って化膿している場合、痛みや炎症をとるための
抗生物質や痛み止めの処置は保険適応です。陥入爪手術も保険適応ですが、
ワイヤ矯正は保険外診療となっています。
不明な点がありましたらお尋ねください。

 

Q まき爪のワイヤ矯正は痛いのですか?

A まき爪のワイヤ矯正治療ではひふにダメージを与えるような操作は行いません。

マチワイヤは爪の先のところに穴をあけますので痛みはないです。VHO式の方も 爪の側面をフックする(引っかける)だけでひふにワイヤは刺さりませんので痛みは ありません。

 

Q マチワイヤが爪からはみ出して引っかかって困っているのですが?

A マチワイヤでのまき爪矯正で時間が経過して、爪がまっすぐになってくると 爪の横からワイヤの先が余ってはみ出す場合があります。

放置しておくと隣の趾を傷つける場合があります。 はみ出ているワイヤをニッパーで切るなどして整えますので早めに来院してください。
診療予約
高岡・富山の皮膚に関するお悩みは 「皮膚科ちえこクリニック」 へお気軽にご相談ください。