水虫

水虫、つめ水虫でお悩みの女性の方へ

女性の方でも水虫で困られてご相談に来られる方は
多いです。「はずかしくてなかなか病院に行けなかった」とのお話をよく伺います。
自己判断で市販薬を使用してかぶれたり、
水虫でない疾患に水虫薬を塗りなおらないと
あきらめておられる方も多いようです。

水虫の検査は顕微鏡での検査でその場ですぐに診断ができます。
「もしかして水虫かな?」と思われたら自己判断で薬を塗る前にまずはご相談ください。

足の水虫(足白癬 あしはくせん)

足の水虫には次のような症状がみられ、かゆみがある場合と無い場合があります。

・足指のあいだが白くふやけ、じゅくじゅくしたり、皮がむける。

・足の裏や足縁などに小さな水ぶくれがみられる。

・足の裏がかかとを中心にかさかさする。

足の水虫の治療

治療は抗真菌剤を使用します。

塗り薬は入浴時足を石けんでよく洗い、タオルで拭いて乾かした後、うすくのばして塗ります。

※足を洗うときは石けんをよく泡立てて洗います。

殺菌剤が含まれている薬用石けんはひふを刺激してかぶれることがあるのでさけましょう。

軽石やスポンジでこするとひふに細かい傷がつき

菌に感染しやすくなるのでこすらないようにします。

洗ったら指の間もタオルでそっとふきます。

かわむけなどの症状がない所にも菌がいますので、塗り薬は

足ゆびの間からかかとまで広範囲にのばします。
塗った後は裸足でかまいません。

※薬は片足に1FTU(人差し指の先から第1関節まで出した量0.5g)、

両足で倍の1gを1回に塗る量の目安とします。

両足ならチューブ1本10gが10日で無くなります。
皮膚の表面がきれいになってからさらに2~3ヶ月ぐらい治療を継続します。

塗った後石けんで手を洗えば手にはうつりません。

お薬でかぶれ(かゆみ、赤み、みずぶくれ)が起こる場合があります。
このような症状がでたら、ぬるのをやめて早めに来院してください。

家族に移さないために気をつけること

水虫菌がひふについても洗い流せば菌が定着しないためうつりません。
(水虫菌がひふに定着するには12時間程度かかるといわれています。)

足ふきマットやスリッパは患者さん専用とし、洗って清潔にする。
また床や畳は掃除機でこまめに掃除し、生活環境中の菌を減らしましょう。

水虫がなかなか治らないときは

水虫がなかなか治らない場合は下記のような事が考えられると思います。

治らないなあとか、去年治ったと思ったのにまた今年も水虫になってしまったという方、

このような事にお心当たりはありませんか?

①そもそも水虫でないのに水虫薬で治療している場合

水虫ではないのに水虫薬を使用しても症状は改善しません。

足の皮がむけたり、水ぶくれができると「水虫だ」と思って 心配になり、
すぐに薬局へ走って水虫薬を購入され使用したとおっしゃる患者さんが多いのですが、
異汗性湿疹、掌蹠膿疱症など水虫と似たように見えるひふ病が他にもあります。

自己診断で水虫薬を塗ってしまうのはよくありません。
水虫薬を使用してしまうと水虫菌が検査で見つかりにくくなってしまいます。
まずは受診して検査を受け、水虫だという診断を確定してから治療を始めるように しましょう。

②薬の塗り方が適切でない場合

足指のあいだに皮向けやふやけるなどの症状が有りその部分だけ薬を塗っていたという方がよくおられます。

皮向けや水ぶくれのある部分のみに水虫菌がいるわけではないので
つま先から足の裏、かかとを含めて広範囲に薬を塗る必要があります。
塗る量も少なすぎないように片足でクリーム0.5gほどを目安に使用しましょう。

また治療を開始して、皮向けなどの症状がおさまったと思っても
水虫菌が残っている場合が多いので症状がなくなってから
さらに2~3ヶ月程度 薬を塗り続けることが必要です。

③薬があわない場合

ぬり薬でかぶれてしまった場合

水虫薬の外用でかぶれがおこるとかゆみや、あかみ、みずぶくれなどがでてきます。

この場合は水虫薬の使用を中止・変更し、かぶれの治療を行う必要があります。
またじゅくじゅく水虫に液の薬を使用すると刺激症状を起こしやすいので 注意が必要です。

ぬり薬では治りにくい水虫の場合

角質増殖型の水虫(かさかさして足の裏の皮膚が硬くなるようなタイプの水虫)は

飲み薬を使用した方が良い場合があります。

④同居の家族に未治療の水虫の方がおられる場合

未治療の水虫患者さんがいると環境中に水虫菌が散布され感染機会が増えます。
ひとりだけで一生懸命治療しても再感染すると元の木阿弥となってしまいます。

治療を開始すると菌の散布は抑えられます。
水虫の方がご家族におられるようでしたら一緒に治療を開始するようにしましょう。

爪水虫(爪白癬 つめはくせん)

爪に水虫菌が感染して起こり、爪が白~黄色く濁る、爪が厚く変形したり、もろくなる等の症状が現れます。

治療薬には抗真菌剤(カビを抑えたり殺菌する薬)の内服薬と外用薬があります。

内服薬での治療

・テルビナフィン塩酸塩(ラミシール錠、ネドリール錠)
毎日1錠、新しいきれいな爪が生え変わるまで(大体6ヶ月程度)内服します。
(治療期間は個人差があります。)内服してすぐには変化はわかりませんが、
2~3ヶ月ほどすると爪の根元からきれいな爪が出ているのがみえるようになります。
肝臓に負担がかかっていないか定期的に採血検査でチェックしながら治療をしていきます。

・イトラコナゾール(イトリゾールカプセルなど)
パルス療法といい、1週間に集中して内服し(1日2回朝夕食直後各4カプセルずつ飲みます。)、そのあと3週間お薬を休むことを3回繰り返します。
3回の内服終了後は月1回程度爪の状態をチェックしていき、きれいな爪に変わるのを確認します。

・ホスラブコナゾール(ネイリンカプセル)
1日1カプセルを12週間内服します。後は爪が伸びるのを待ちます。

外用薬での治療

飲み薬ではなく塗り薬で治療します。
・エフィコナゾール(クレナフィン爪外用液)、ルリコナゾール(ルコナック爪外用液)
外用剤で爪白癬の保険適応がある治療薬です。爪の中や下まで薬が浸透して効果を発揮します。1日1回爪に塗ります。

 

体部白癬(たいぶはくせん、タムシ)

顔面、体や手の甲、足の甲などの生毛部(体毛がある部分)に
できた白癬で俗にタムシ、ゼニタムシとも呼ばれています。
典型的な症状は丸く輪を描いたような赤い発疹です。中心部が治癒傾向を示して
赤みがひいていて、その縁の部分がかさかさとめくれているような状態になります。
抗真菌剤のぬり薬がよく効きます。広範囲の場合は内服治療をする場合があります。
湿疹などと誤ってステロイド剤を使用すると典型的な発疹の形をとっていない場合が
ありますので注意が必要です。

トンズランス感染症

頭や首などの上半身によく見られ、
小さい赤く輪を書いたような円形の発疹がみられたり、
頭皮では髪の毛が抜けたり、膿が出たりすることがあります。
短く切れ埋もれた毛がみられることがあります。
症状が出ない保菌者もいます。
柔道やレスリングなどの格闘技の際に接触感染する例が多いです。
感染力が強く、接触して数時間でうつります。
自己判断で治療を開始しないで疑わしい症状があったらすぐに受診してください。