手あれ

手荒れについて

手のかさかさ、ひびわれは
スキンケアで良くなります

手はいろいろな動作で負担がかかりやすい部位です。
こまめなスキンケアで手あれを防ぎましょう。

手荒れの症状

手指の乾燥、赤み、かゆみやかさかさしたり、皮膚がめくれたりします。
亀裂ができたり、小さな水ぶくれがみられることもあります。
症状が進むと指の指紋が消えることもあります。

手荒れの検査

真菌感染の有無を確認するため、皮膚の鱗屑をとり顕微鏡で検査します。
手に接触したり、扱っている物などでかぶれを起こしている可能性がある場合は
パッチテストをして原因物質の検索をします。

手荒れの治療

保湿剤 

ヒルドイド 尿素軟膏 ワセリン サリチル酸ワセリンなどで
こまめに保湿しひふのバリア機能を保つようにします。

ステロイド外用剤 

症状に応じて強さを変えますが、手の平は角質が厚く薬の吸収が
悪いため弱い薬を使用しても効果がでません。その分副作用も出にくいので
しっかりと外用するようにしましょう。

亀裂・ひびわれの治療

亜鉛華軟膏やアズノールなどの外用剤、創傷被覆剤や
ステロイドのテープ剤を使用します。亀裂やひび割れにはテープを貼るだけでも外界の刺激からの保護になり痛みを軽減することができます。

お薬を塗るときにたいせつなこと

軟膏やクリームなどの保湿剤は成人の人差し指の先から第一関節まで、
直径5mmのチューブから出した量約0.5gが手のひら2枚分に塗れます。

これは1FTU(one finger tip unit)とよばれており
ステロイドなど他の外用剤でも塗る量の目安とされている単位です。

【 1FTU 】
【 1FTU 】

つまり手に塗る場合は両手の表裏で2FTU必要です。
これは塗ると結構べたっとするぐらいの量です。

これぐらいしっかり塗らないとなかなかお薬の効果がでません。
なかなか治らないという方は量が不十分になっていないかチェックしてみてください。

日常生活で気をつけていただきたいこと

日常生活では次のようなことに気をつけていただければと思います。

・お湯を使用しないようにする

・水仕事の時はなるべく手袋を使用するようにし、終わったら必ず保湿する

・洗髪や洗顔時もできれば手袋を使用する

・亀裂やひびわれに絆創膏をはらないようにする

手荒れが治りにくいとき

院長からひとこと

手荒れがなかなかなおらない時にいくつかの原因が考えられると思います。

手荒れ治療の3原則はアトピー性皮膚炎と同様 、

原因・悪化因子の除去薬物療法スキンケアです。

治らないということはこれらがうまくいってないということになると思います。

以下これについて考えてみます。

①手荒れの原因になるあるいは悪化させることをし続けている場合。

まずは日常生活で手に負担がかかることにどんな物があるか考えてみます。

水や特にぬるま湯を使うことで皮脂がとれ、皮膚のバリア機能を低下させ手荒れを悪くする元となります。

手洗い、掃除、食器洗い、土いじり、花、植物の手入れ、洗顔、洗髪、ペットのシャンプーなどの刺激。

 

仕事では美容師→パーマ液や洗髪料が頻繁に手にかかる。

看護師→手洗いの回数が頻繁。アルコールなどの消毒液を扱う。

調理師→水にふれる機会が多い。食材などが刺激となりかぶれをおこす。

コンビニなどのアルバイトで洗い物をする。洗剤をつかう。

その他仕事で油やセメントなどを扱うなどがありますね。

 

これらの刺激となるものを扱わないようにすればよいわけなのですが、仕事で使用しているとなかなかそういうわけにもいかないので、ひふに付かないように防御する方法を考えてみましょう

まずは手袋をして防御する。

付着した場合はすぐに洗い流すなどを心がけてみます。

ただし、手袋をする場合はゴム手袋でかぶれる場合があるので注意が必要です。

そういう方はプラスチック手袋などを使用されるのもよいかと思います。

②ちゃんと薬を塗っていない場合。

薬を塗る量、回数が不十分。しっかりなおらないうちにやめている。塗り忘れている等。

通院間隔が開きすぎていて現在の状態にあっていない薬を使用しているため治らない。

また手のひらには市販薬程度の強さの薬を使用しても角質部分の病変をなおすには不十分です。炎症症状があり、湿疹化しているのにハンドクリームのみ使用されている方もよく来院されます。

現在の症状にあった強さの薬を使用する必要があります。

その他、ちょっと良くなったらすぐやめたり、予防の保湿ケアをおこたっている。

などが治りにくい原因となると思います。

塗る量が不十分になるのをさけ、症状が安定するまでは、医師の指示どおりにきちんと通院してしっかりと外用するようにしてみましょう。

③そもそも別の病気である

手の水虫掌蹠膿疱症などを手荒れと思われて市販薬などを外用されている場合が往々にしてあります。

水虫に湿疹薬を使用すると症状が悪くなるか改善しないことになります。

検査で水虫菌を確認の後、抗真菌剤を使用する必要があります。

掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏に膿疱が出たりひいたりする、慢性に経過する疾患で良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

症状によっては塗り薬以外に飲み薬や紫外線治療などが適応となる場合があります。

いずれも自己判断で塗り薬を使用してもまず改善しないので、受診して診断を受けた後、治療を開始するようにしましょう。

④スキンケアをこまめにしていない。

日常生活で手が水にふれない日はまずありません。

手荒れをおこしやすい方は保湿ケアをこまめにしておくと症状がひどくなるのの予防になります。

刺激のない保湿剤を選んで皮膚のケアを怠らないようにしてみましょう。

よくなってきたと思って油断するとすぐにぶり返してしまう場合は特に気をつけてみてくださいね。

 

以上で思い当たることやドキッとされた項目はありましたでしょうか。

手に負担をかけてしまうことも炊事や掃除、仕事上で扱う物だと、なんとなく想像がつきやすい原因・悪化因子ですが、毎日なにげに行っている洗顔や洗髪での刺激も見逃せないかと思います。

な~んそんな変わったことしとらんといわれる場合も多いのですが、意外に盲点かもしれませんね。

できるかぎり刺激をさけ、ひふを休めて治療&スキンケアをしてみてくださいね。