ヴィダール苔癬

首周りの頑固なかゆみ(ヴィダール苔癬 Vidal苔癬)とは

 

ヴィダール苔癬とは首やうなじによくみられるごつごつとした手触りの
少し盛り上がったような発疹ができる皮膚疾患です。
表面がかさかさして赤みがあります。
わきや陰部などにも発症することがあります。

日常診療ではよくみられる疾患ですがかゆみが強いため、
かくことでさらに悪化するという悪循環に陥っていることも多く、
慢性経過をとっている方も多いです。

 

ヴィダール苔癬の原因

ヴィダール苔癬は中年女性に多い傾向があり、その原因として
毛髪の刺激や整髪料の刺激、アクセサリーやハイネックの衣服などの
線維による刺激を受ける機会が女性のうなじには多いことが考えられています。
またストレスやアトピー素因が発症に関係しているという説があります。

 

ヴィダール苔癬の治療

ステロイド外用剤やステロイドのテープ剤による密封療法や局所注射などで治療します。
苔癬化といって皮膚が厚くなっているので
弱いステロイド剤を使用しても改善が乏しい事が多いです。
適切な強さの外用剤の選択が必要です。

かゆみに対しては抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を内服します。
漢方薬もかゆみのコントロールに有効な場合があります。

 

日常生活での注意点

皮膚に繰り返して刺激が加わることにより、症状が悪くなると考えられるので
極力刺激をさけるようにします。日常生活では次のような事に気をつけてください。

・毛髪はまとめ、皮膚に触れないようにする
・シャンプーリンスのすすぎのこしがないように気をつける
・衣服、スカーフなどの化繊や起毛繊維が皮膚に触れないようにする
・汗、ネックレスなどによる刺激を避けるようにする
・ストレスや疲労をためないように注意する