午前
午後
午前9:00〜12:00 / 午後2:00〜6:00
土曜午後の診療は5時迄となっております。
休診日:水曜、日曜、祝日
皮膚科ちえこクリニック診療予約
富山 高岡 皮膚科 美容皮膚科
line@皮膚科ちえこクリニック公式サイト 友だち追加数

皮膚科ちえこクリニック公式Youtubeぺージ

美容皮膚科予約はこちら

赤ちゃんのひふ病

おむつかぶれ

おむつかぶれおしっこや便のしげき、おむつとひふのこすれなどが原因となり、おむつをあてている部分が赤くただれます。

おむつかぶれの症状

陰部やおしりを主体におむつがあたる部分の皮膚が赤くなります。
赤い小さなぶつぶつが見られたり、ひどい場合にはただれて皮膚が
むけた部分ができることもあります。
肛門の周りに輪をかいたような赤い部分がみられることもあります。

おむつかぶれの原因

尿と便があるとアンモニアが発生し、アルカリ環境になると
便中の蛋白分解酵素や脂肪分解酵素の作用が活性化されて、
むれてふやけバリア機能が弱くなっている皮膚を刺激して
炎症をおこし皮膚炎(おむつかぶれ)を生じます。
→すなわち尿や便で汚れたおむつを交換しないとおむつかぶれが
おこりやすいことになります。

またおむつの素材が皮膚の表面を傷つけたりしても起こりやすくなります。

おむつかぶれの治療

炎症が軽いときは患部を清潔にして亜鉛華軟膏などの保護剤を主体としたぬり薬を
おむつ交換時に塗布します。

炎症がひどいときはステロイド外用剤で炎症をおさえます。

皮膚がただれているときはアズノール軟膏などの傷を治す薬も使用します。

おむつかぶれのスキンケア

  • こまめにおむつをかえましょう。
  • ぬるま湯でおしりをきれいに洗いましょう。
    おしりを洗えないときは、ぬるま湯でぬらしたタオルなどでこすらずにふきましょう。
  • おしりふきはついている薬品などでかぶれることがあるので注意。
    ノンアルコールなど刺激の少ないものを使用しましょう。

カンジダに注意

おむつかぶれの治療薬でなかなか赤みがひかない、

赤い部分のまわりに細かい斑点状の赤みがでてきた、

うすく皮ふがめくれてきたなどの症状がある場合は

カンジダ菌が感染しているときがあります。(乳児寄生菌性紅斑)
顕微鏡で菌の検査をしてお薬を抗真菌剤に変更します

 

※乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)
発汗や蒸れ、便の汚染などにより、カンジダ菌が原因でおこります。
赤ちゃんのおむつでかぶれる部分(陰部、股、おしりや下腹部)によく生じます。
皮膚が赤くなり、患部の縁の皮膚がうすく膜状にめくれたり、
細かい赤い斑点が多数みられることもあります。
時々膿をもった黄色く小さい膿疱が混在することもあります。
おむつ皮膚炎との区別は
皮膚のシワで隠れる部分(股の付け根のシワの中など)には
赤い発疹が見られないか軽く済んでいるようですとおむつ皮膚炎を考え、

シワで隠れる部分にも赤い発疹が見られるようであれば乳児寄生菌性紅斑を疑います。

 

乳児脂漏性皮膚炎

乳児脂漏性皮膚炎の症状

頭皮に黄色いかさぶたのようなかさかさがついたり、赤くなって かさかさしたりします。

眉やおでこ、耳のまわりにも赤くかさかさした湿疹がみられます。

乳児脂漏性皮膚炎の原因

赤ちゃんはお母さんのホルモンの影響もあり、生後数ヶ月の間は 皮脂の分泌が多くなります。

そのため皮脂の過酸化脂質などの分解産物により皮膚が刺激される

脂漏性皮膚炎がおこりやすくなると考えられています。

乳児脂漏性皮膚炎の治療

炎症やかゆみが強いときはステロイド外用剤を使って炎症を収めていきます。

頭皮の黄色いカサブタが厚く付いている時は オリーブオイルや亜鉛華軟膏を使って

やわらかくし取った後、薬をつけます。

黄色いカサブタが軽度な場合は無理にとらなくても大丈夫です。

頭皮にお薬をこすらずのばすようにつけて下さい。

乳児脂漏性皮膚炎のスキンケア

頭皮はシャンプーを使って洗いよくすすぎましょう。

黄色いかさぶたは無理にこすらず上記の方法で取るようにします。

取り除こうとして無理にこすると炎症を起こし、悪化させる原因になります。

顔も石けんで洗顔するようにしましょう。 無添加石けんなどを泡立てて

こすらずそっと手で洗ってあげましょう。

ガーゼなどでこすると皮脂の取り過ぎで 乾燥する原因になります。

洗った後は保湿を忘れずにおこないましょう。

乳児脂漏性皮膚炎でよくある質問

Q. アトピー性皮膚炎でしょうか?心配です

A. 赤ちゃんの脂漏性皮膚炎は通常数ヶ月の間に軽快していきます。

なかなか治らない時や全身にかゆみの強い赤い湿疹が見られるときは

アトピー性皮膚炎の可能性もありますが、

もしアトピーであっても特殊な治療をするわけではありませんので

基本のスキンケアと湿疹の症状に応じた治療を行いながら

定期的に通院治療していくことが大切です。

あせも

汗の腺の出口がつまり、炎症をおこしたものがあせもです。
あかちゃんや子供に多く見られ、高熱をだしたときや夏季にできやすくなりますが、
冬でも暖房のきいた部屋で厚着をさせておくとあせもができる場合があります。
おでこやわき、ひじやひざのうらなどにできやすく、赤いぶつぶつができ
かゆみを伴うことがあります。

日常生活で気をつけていただきたいこと

予防には①こまめにシャワーをあびる
②汗をかいたらすぐ着替える
③風通しの良いゆったりした衣服を着る
などを心がけるとよいでしょう。
特に赤ちゃんは新陳代謝が活発で体温も高く汗をよくかきます。
服は大人より1枚少なくして、部屋の温度を上げすぎないように気をつけましょう。
ベビーパウダーを使用される方がよくいらっしゃいますが、
汗の腺をつまらせたりパウダーの部分がじくじくして不潔になり、
細菌やカビが繁殖しやすくなる場合があるので使用をさけるようにしましょう。

 

新生児ざ瘡(赤ちゃんにきび)

赤ちゃんは生後数ヶ月まではお母さんのホルモンの影響で ニキビができやすくなります。

おでこや頬を中心とし赤いぶつぶつや少し膿みを持ったような 黄色いぶつぶつがみられます。

これは特に治療しなくても自然にでなくなるので心配はありません。

無添加石鹸など刺激の少ない石鹸で顔を洗ってあげて下さい。

膿んで炎症がひどい場合はニキビ用のお薬を使用することもあります。

 

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんのほほやおなかは皮脂が少なく乾燥しやすくなっています。

お風呂のあとや顔をふいたあとなどに、こまめにスキンケアすることが大切です。

 

お風呂で洗うときは手でやさしく

ガーゼは繊維の目が粗く皮膚を傷つけてしまうことがあるので、手で洗いましょう。

洗面器に石けんやボディソープなどをたっぷり泡立てておいて

これを手にとり、手足のくびれや首なども

手でそっとひろげてやさしく洗います。

よごれはゴシゴシこすって落とすのではなく、

石けんの泡に吸着(くっつけて)させて落とします。

お風呂からあがったらやわらかいタオルに水分をすわせるようにして

やさしくタオルをからだにおくようにふきます。

首や手足のくびれ、耳のうらなどもわすれずにふきましょう。

水分が残っていると皮膚がふやけて湿疹などの原因になることがあります。

入浴後はすぐに保湿ケアを

入浴後10分たつと皮膚の水分量が急激に減るといわれています。

なるべくお風呂上がり5分以内に保湿ケアをします。

ここでもゴシゴシすり込んだりするのは厳禁!

手のひらを赤ちゃんのからだに

すべらせるようにのばして保湿剤を塗りましょう。

たべこぼし・よだれを拭くときは

やわらかいタオルなどをぬらしてこすらずにふきます。

ティッシュペーパーはひふが傷つくのでさけましょう。

ふいたあとは必ず保湿も忘れずにおこないましょう。

診療予約
高岡・富山の皮膚に関するお悩みは 「皮膚科ちえこクリニック」 へお気軽にご相談ください。